車載事業導入事例

運輸業務における「運行管理」は、人的作業に依存するウエイトが非常に高いのが現状です。

そこで当社の運行管理システムシリーズの導入により、「運行データーのデジタル化」による、情報技術を最大限に有効活用し負担を減らして効果を挙げる方法をご提案します。

 

「運行管理」のIT化を計り、運行内容を明示的・迅速に把握し、客観的に評価、さらに、運行経費の削減・事務コストの削減効果を追及することで、新しい【ビジネスモデル】を構築するお手伝いをいたします。

 

デジタルタコグラフ 導入効果(実績)

燃費効果【大型トラック】

大型トラック 月間10,000km走行の場合

1台で毎月約300リットルの燃料使用量削減

 

≪10,000Km/月走行の燃料使用量 試算≫

10,000km/月走行 / 3.00Km/ℓ(燃費) = 3,333ℓ

 

導入後燃料使用量 試算 燃費約9%削減

10,000km/月走行 / 3.295Km/ℓ(燃費) = 3,035ℓ

運行経費(運行3費)の削減

※横にスワイプしてご覧ください

経費項目 比率(%) 月間平均費用 経費削減率(%) 削減可能金額
燃料費 60% ¥240,000 8.0% ¥19,200
修繕費 25% ¥100,000 5.0% ¥5,000
タイヤ代 15% ¥60,000 5.0% ¥3,000
合計 100% ¥400,000 6.8% ¥27,200

車輌1台あたりの月間節減可能金額(円/月)
¥27,200

事務所経費の削減

※横にスワイプしてご覧ください

項目 現状負担 実質軽減 月間時間 時間給 削減可能金額
運行経費管理事務負担 2時間 2時間 50時間 @1,500 ¥75,000
運行手当管理事務負担 2時間 2時間 50時間 @1,500 ¥75,000
合計 4時間 4時間 100時間 ¥150,000

事務処理における月間節減可能金額(円/月)
¥150,000

ユーザー様導入事例

株式会社ジャス様

画像クリックでPDFをダウンロードします

車載事業導入事例 株式会社ジャス様
車載事業導入事例 株式会社ジャス様